テストの成績は大事な資料

テストの成績は大事な資料

★生徒たった3人の塾が大繁盛!その秘密とは?学習塾開業基本マニュアル

★生徒の成績、どうやって上げる?個別指導ノウハウ期末テストで90点を取る勉強法

月例テストは、親御さんと話す良い機会を作る

月例テストというのは、生徒の学力をモニターするのに必須のツールであると同時に、親御さんと接触する大きなチャンスになる。

 

特に中学受験の場合、子供の成績は乱高下したりするので、そのたびに電話でいろいろ相談ができる。

 

ビジネスというのは、「接触頻度」というのが大事で、接触頻度が高ければ高いほど、信頼感が出てくるものだ。

 

これを「ザイオンス効果」(単純接触効果)と呼ぶが、これによって塾の先生は、子供のかかりつけのお医者さんのような位置になり、お客さんにいろんな提案もすることができる。

 

テストで学力を数値化することは、テストの点数で合否が決まる受験の世界においては、一番説得力がある。

 

ところがテストなどの資料を持たず、口先で「上手く行っている」と言うと、説得力がない。

 

特に男親はそう言うことでは納得しないから、生徒が退塾するきっかけになってしまう。

 


点数が悪くても、隠さないことが信頼につながる

中学受験の場合は、とにかくテストの点数が全てだ。

 

だから良くも悪くも点数は隠さずに、それを元に話をするのが原則だ。

 

生徒が毎月のテストでどのくらい点数が取れるのか、それを毎月モニターしつつ、親御さんと一緒に考えるというポジションが大事だ。

 

塾講師がお客さんである親御さんと対立するポジションに位置を取ったらケンカになる。

 

パネルを見ながら議論するパネルディスカッションというのがあるが、同じ方向に向いて問題解決を図るというのが、一番楽な営業方法であるし、経営者も楽になる。

 

また成績が落ちて、それで転塾されても、講師とのトラブルが原因ではなくテストの成績が原因だから、仕方がない。

 

生徒にとって一番良い方法が転塾なら、それを進めてあげるのも、塾の仕事だ。

 

小さな学習塾は、口コミが一番大事だから、生徒のためを考えるという姿勢でないとね。

 

スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

中学受験 家庭学習 人気教材

★中学受験★塾の宿題が多すぎて困惑。復習テストで高得点を取るための「復テ対策講座」

★中学受験★子供のやる気を引き出せ!子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

★中学受験★中学受験を成功に導くお母さんのためのワークブック

★幼児教育★ご自宅で知育教育!2、3歳のママ限定つみきカレッジ・知育教育完全マニュアル

★★

このエントリーをはてなブックマークに追加