DHAとアラキドン酸は神経細胞を増やす

DHAとアラキドン酸は神経細胞を増やす

★生徒たった3人の塾が大繁盛!その秘密とは?学習塾開業基本マニュアル

★生徒の成績、どうやって上げる?個別指導ノウハウ期末テストで90点を取る勉強法

ニューロン(神経細胞)の成長にDHAが必要なわけ

脳はニューロンと呼ばれる神経細胞と、グリア細胞と呼ばれる細胞でできている。

 

ニューロンは電気信号が走る細胞で、脳の働きの殆どはニューロンの仕事だ。

 

このニューロンの分化や発達で、重要な栄養素がDHAという油だ。

 

というのも通常の細胞の細胞膜は、リン脂質と呼ばれる物質でできているが、ニューロンの細胞膜のリン脂質には、特別にDHAが必要だからだ。

 

ニューロンというのは他の細胞と違って、樹状突起と軸索と呼ばれる部分がある。

 

樹状突起は、他のニューロンからの信号を受けとるための突起だ。

 

そして軸索は、他のニューロンに信号を送るためのラインになる。

 

つまりニューロンの仕事というのは、樹状突起でたくさんの信号を受けとり、ある条件で別のニューロンに信号を送ることだ。

 

そしてニューロンは常に、別のニューロンとの接続を更新して、接続の組み替えを行っている。

 

信号が活発に流れるニューロンは、どんどん腕を伸ばして、たくさんのニューロンとつながる。

 

そのため、細胞膜の材料となるDHAがたくさん必要になるわけだ。

 

ニューロン(神経細胞)の模式図

スポンサードリンク

アラキドン酸はなぜ脳の成長に必要なのか

脳はニューロンという神経細胞と、グリア細胞という2種類の細胞でできている。

 

ニューロンは樹状突起と軸索を伸ばして、別のニューロンと複雑につながりあい、電気信号をやりとりすることで、モノを考えたり判断したりする。

 

一方、グリア細胞というのは、ニューロンの10倍以上ある細胞で、ニューロンを手助けする役割を持つ。

 

グリア細胞にも3つのタイプがあり、

  • アストロサイト
  • オリゴデンドロサイト
  • ミクログリア
という名前が付いている。

 

アストロサイトというグリア細胞は、ニューロンに栄養素を送る仕事をする。

 

普通の細胞は毛細血管から、しみ出る栄養素を取り込んで成長したり活動する。

 

しかしニューロンは電気信号を送る細胞なので、毛細血管に近付くと漏電がおこってしまう。

 

そのためアストロサイトは、脳の毛細血管とニューロンの間に橋を架けるようにまたがって、毛細血管とニューロンが接触しないようにしている。

 

それと同時に毛細血管から出てくる栄養素を、ニューロンに橋渡しする仕事をしているのだ。

 

脳のエネルギー源のブドウ糖やケトン体は、アストロサイトを通ってニューロンに送られる。

 

ニューロンの細胞膜の材料のDHAや、興奮性シナプスに必要なグルタミン酸も、アストロサイトを通ってニューロンに送られる。

 

その他にはGABA(ギャバ)グリシン(アミノ酸)が、アストロサイトを通ってニューロンに送られる。

 

2番目のオリゴデンドロサイトは、ニューロンの軸索に巻き付いている「ミエリン鞘」を作っている。

 

これは絶縁体の働きをしているが、ニューロンの伝達速度をコントロールしているらしい。

 

また3番目のミクログリア細胞は、脳内で白血球の働きをしているらしい。

 

これらのグリア細胞を作るのに必要なのが、アラキドン酸という脂肪酸なのだ。

 


スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

中学受験 家庭学習 人気教材 2016/10

★中学受験★塾の宿題が多すぎて困惑。復習テストで高得点を取るための「復テ対策講座」

★中学受験★子供のやる気を引き出せ!子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

★中学受験★中学受験を成功に導くお母さんのためのワークブック

★幼児教育★ご自宅で知育教育!2、3歳のママ限定つみきカレッジ・知育教育完全マニュアル

★★

このエントリーをはてなブックマークに追加