学習塾の開業資金は

学習塾の開業資金は

★生徒たった3人の塾が大繁盛!その秘密とは?学習塾開業基本マニュアル

★生徒の成績、どうやって上げる?個別指導ノウハウ期末テストで90点を取る勉強法

学習塾の開業資金はどれくらい?

学習塾を開きたい。

 

店舗物件を借りて始めたい。

 

この場合の塾の開業資金は、一体どれくらいになるだろう?店舗物件を借りるには、たいていの場合、賃料の半年から1年分のお金を敷金・礼金・あるいは保証金のカタチで家主に払う事になる。

 

つまり最低でも(6+1ヶ月)分のお金が必要になるわけだ。

 

月30万円の店舗なら、それだけで210万円という事になる。

 

月20万円でも、140万円という事なので、どちらにしても安い投資ではない。

 

借り手がなくて困っている物件なら、3ヶ月分くらいでも借りられるが、生徒がうまく集められなかったならすぐに資金がショートする。

 

そのほかにも内装や空調の整備、看板代など様々な費用がかかるから、さらに2〜300万円はかかると見た方がいい。

 

つまりざっと500万円は、最低必要だという事だ。

 

大手のフランチャイズチェーンに加盟するなら、さらにそこに加盟料などが加わってくるので、あと200万くらいはかかる事になるだろう。

 

そして経営が軌道に乗るまでの運転資金も、ある程度は用意しておかないといけない。

 



机やホワイトボードなどの備品は?

塾に必要なものとしては、あとは机や椅子、ホワイトボードなどといったモノがある。

 

それからコピー機。

 

学習塾というのは、なんだかんだとコピーを作ることが多い。

 

コピーの場合は、機種はリコーやエプソンなどになるが、コピーのリース業者はたくさんあるので買わなくても良い。

 

コピーのリースは、たいてい枚数によって課金される契約で、紙代を除いて1枚7円弱になる。

 

1枚7円となると、10枚でも70円だからけっこう高い。

 

なのでパソコンからプリントを作る方が安く付く場合が多い。

 

また最近は、パソコンで教材を作ったりするので、高性能のページプリンターも必須だ。

 

家庭にあるようなインクジェットのプリンターだと、遅い上に、大量に印刷するとすぐに故障するから、タフなページプリンターを手に入れる必要がある。

 

こちらもインクジェットではなくトナータイプの方が、一枚当たりのコストは安くなる。

 


スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

中学受験 家庭学習 人気教材

★中学受験★塾の宿題が多すぎて困惑。復習テストで高得点を取るための「復テ対策講座」

★中学受験★子供のやる気を引き出せ!子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

★中学受験★中学受験を成功に導くお母さんのためのワークブック

★幼児教育★ご自宅で知育教育!2、3歳のママ限定つみきカレッジ・知育教育完全マニュアル

★★

このエントリーをはてなブックマークに追加