VDT症候群・テクノストレス眼症とは

VDT症候群・テクノストレス眼症とは

儲かる学習塾の作り方!どうやったら生徒は集まるのか?

★生徒たった3人の塾が大繁盛!その秘密とは?学習塾開業基本マニュアル

★生徒の成績、どうやって上げる?個別指導ノウハウ期末テストで90点を取る勉強法

VDT症候群・テクノストレス眼症とは

子供が陥りやすい依存症のゲーム依存症やスマホ依存症は、VDT症候群を引き起こす。

 

VDTとはVisual Display Terminalの略で、コンピュータのモニター・ディスプレイや、ゲーム機器やスマホの画面のことだ。

 

VDT症候群(VDT Syndrome)は、コンピュータのディスプレイや、スマホ画面を長時間続けることにより、目や体、心に支障をきたす病気で、「テクノストレス眼症」と言うこともある。

 

VDT症候群の症状としては、次のようなモノがある。

 

VDT症候群の症状
  • 目に出る症状: ドライアイ、充血、視力低下、目の疲れ、など。

     

  • 体に出る症状:首肩のこり、腰痛、背部痛、手指のしびれ、など。

     

  • 心に出る症状:食欲減退、イライラする、不安感、抑うつ、など。

     

スマホで友達と連絡し合ったり、スマホでゲームにはまってしまうと、当然ながらスマホの小さな画面に、集中してしまう。

 

その結果、こういう症状が出るわけだが、どれも不快な症状だ。

 

そしてこの不快な症状を紛らわすため、またゲームをやったり、甘いモノを飲み食いしだすと、クロス・アディクション(依存症の同時発生)という悪循環に陥ってしまう。

 

疲れているにもかかわらず、インターネットやスマホが手放せず、止めたいのに止めれないという、板挟み状態に陥ってしまうわけだ。

 



目と身体を動かさないと、身体がガチガチに固まっていく

VDT症候群・テクノストレス眼症とは、パソコンのモニターやスマホを毎日、長時間使っていると起こる、様々な不快症状のことだ。

 

眼が疲れたり、肩こりがしたり、腰痛や背部痛が起こったり。

 

さらにイライラし出したり、不安を感じ始めたりする。

 

というのもパソコンのモニターや、スマホの小さな画面を凝視していると、身体がどんどん固まってしまうからだ。

 

パソコンの前にずっと座っていると、身体はほとんど動かさずに済むし、モニターは奥行きがないので、目も焦点をほとんど動かさずに済む

 

動かさないと、身体が楽かというと、どうも、そういうわけでもないらしい。

 

というのも人間の眼や身体は、絶えず動いているのが常態で、動かさずにする方が難しいらしい。

 

つまり眼や身体を動かさずに細かな作業をずっと続けていると、身体はその体勢に適応するため、筋肉でガッチリ固めてしまうのだ。

 

これが習慣になると、首のコリも取れなくなり、腰痛や背部痛も取れなくなっていく。

 

全身がガチガチに固まってしまい、無理矢理動かそうとすると、張りや痛みが出てくるので、やる気もなくなって、ただ横になってるだけ。

 

そして横になっていても、スマホやゲーム機を手放せず、さらに体中がゴリゴリに固まっていく。

 

こうなると、周囲に対する注意も散漫になり、目の前の人間の声しか、耳に入らなくなる

 

意識を前面に集中する癖が付いて、横や後ろにいる人の声が、聞こえなくなってしまうらしい。

 


スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

中学受験 家庭学習 人気教材

★中学受験★塾の宿題が多すぎて困惑。復習テストで高得点を取るための「復テ対策講座」

★中学受験★子供のやる気を引き出せ!子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

★中学受験★中学受験を成功に導くお母さんのためのワークブック

★幼児教育★ご自宅で知育教育!2、3歳のママ限定つみきカレッジ・知育教育完全マニュアル

★★

このエントリーをはてなブックマークに追加