依存症の3つのタイプ

依存症の3つのタイプ

儲かる学習塾の作り方!どうやったら生徒は集まるのか?

★生徒たった3人の塾が大繁盛!その秘密とは?学習塾開業基本マニュアル

★生徒の成績、どうやって上げる?個別指導ノウハウ期末テストで90点を取る勉強法

物質依存・薬物依存

依存症とは、何かに執着して、その執着から逃れられなくなるという「一種の生活習慣病」だ。

 

酒やアルコール、タバコ、ギャンブル、恋愛、ゲームなど、様々な依存症があるが、パターンは似通っている。

 

というのも、依存症というのは、一種の脳の病気であって、脳の反応パターンが同じだからだ。

 

しかしそれが分かったのは、1990年代後半くらいのことで、脳内の活動状況をCG化して観察出来るようになってからだ。

 

だから、依存症と同じパターンで脳が反応するモノは全て依存症だと、みなして対応出来るようになった。

 

ただそれではわかりにくいので、3つのタイプの依存症を、簡単に説明しておくことにする。

 

依存症の一つ目のタイプは、物質依存・薬物依存と言う、非常に分かりやすいタイプだ。

 

酒やアルコール、タバコなど、身体に直接影響を及ぼす何らかの物質が原因で依存症が起こる。

 

物質依存・薬物依存というのは、依存症を引き起こす依存物質が、脳に何らかの「快感」を引き起こす。

 

たとえば不安やイライラが起こったとき、タバコを吸うと脳が一時的に興奮して、不安やイライラを吹き飛ばしてくれるのだ。

 

そこでこれが条件反射になる。

 

つまり嫌なことや痛みがあると、タバコを吸いたくなるというふうに、パターン化が行われるわけだ。

 

しかし徐々に耐性ができて、同じようにタバコを吸ったとしても、脳は最初の頃ほどは興奮しにくくなる

 

そこで「もっともっと」とタバコを求めるようになって、最後には、タバコ無しではいられなくなる。

 

これが物質依存・薬物依存の基本的なパターンだ。

 


スポンサードリンク

行為依存と関係依存・共依存

依存症の3つのタイプ、2つめは「行為依存」というタイプだ。

 

薬物依存・物質依存は、飲むものや食べるモノに依存したが、行為依存は「やること」に依存する。

 

何かをやりたくてやりたくてたまらない。

 

何かをやらずにはおれない。

 

何かをやることばかり考えている。

 

こういうタイプの依存症だ。

 

行為依存には、次のようなものがある。

 

様々な行為依存の例
  • 摂食障害(過食症)
  • 買い物依存症
  • ギャンブル依存症(パチンコ・パチスロなど)
  • 借金依存症
  • 宗教依存症(新興宗教・カルト依存症)
  • 性依存症(セックス依存症、セックス中毒)
  • パソコン依存症、インターネット依存症、携帯電話依存症
  • ゲーム依存症
  • テレビ中毒
  • 仕事中毒
そして最後の3つめは「関係依存」だ。

 

関係依存とは、誰か他の人間に依存しており、他人無しでは生きられないという依存症だ。

 

これは「共依存」などとも呼ばれるが、特定の誰かに依存するというタイプ。

 

親子関係や、夫婦関係、恋人関係など、誰かを支配することに依存する、誰かに支配されることに依存する。

 

支配できるモノがあると自己評価が上がるので、支配しようとする人間は多いのだが、支配されないと不安になるということで、依存症になると言うことらしい。

 

これは、子供を支配しようとする親、あるいは子供の成功を自己評価にする親などに、よく見られるタイプの依存症だが、これは学習塾側では、深入りしない方が良さそうな依存症かもしれないね。

 


スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

中学受験 家庭学習 人気教材 2016/10

★中学受験★塾の宿題が多すぎて困惑。復習テストで高得点を取るための「復テ対策講座」

★中学受験★子供のやる気を引き出せ!子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

★中学受験★中学受験を成功に導くお母さんのためのワークブック

★幼児教育★ご自宅で知育教育!2、3歳のママ限定つみきカレッジ・知育教育完全マニュアル

★★

このエントリーをはてなブックマークに追加