学習塾のチラシはムダ?

学習塾のチラシはムダ?

★生徒たった3人の塾が大繁盛!その秘密とは?学習塾開業基本マニュアル

★生徒の成績、どうやって上げる?個別指導ノウハウ期末テストで90点を取る勉強法

新聞折り込みは効かない?

学習塾の集客で、チラシというのは本当に難しいものだ。

 

特に新聞折り込み。

 

ほとんどの家庭に関係のあるスーパーのチラシ。

 

商品単価がとんでもなく高い、新築分譲マンションのチラシ。

 

こういうチラシの中に、学習塾のチラシなんかいれて、どれほどの効果があるか?だいたい学習塾のチラシなんて、7割から8割の家庭では無視される。

 

子供の多い地域でまくチラシならまだマシだけれど、子育ての終わったオジサンとオバサンばかり住んでる地域では、折り込みチラシを入れても本当に無駄なコストばかりかかる。

 

学習塾・成功の会のサイトによると、新聞折り込みは断るべし、、、とある。

 

広告というのは、それを必要とする人のところに届けてこそ、意味があるというのに、8割以上もムダというのさすがに効率が悪すぎる。

 


学習塾のチラシが無くならないわけ

新聞折り込みが大した効果がないのは、大手の学習塾も知っている。

 

それなのになぜ、折り込みチラシが無くならないのか。

 

理由は簡単だ。

 

チラシの手数料が本部に入るからだ。

 

フランチャイズチェーンの加盟店の中には、チラシをまかないといけないと考えている人も多い。

 

そういう人にとっては、チラシをまかないことは集客努力をしていないと言うことになる。

 

そういう加盟店向けのサービスをやっていると考えればよい。

 

折り込みチラシは義務的なモノだけで十分だろう。

 

というのも新聞に折り込みチラシを入れるには、十万円単位の金がかかる。

 

地域を限定すればもう少し節約することも可能だけれど、企画代、印刷代と折り込み代を合わせれば、結局それくらいはかかってしまう。

 

ポスティングをするにしても、なかなかこの費用は安くならない。

 

しかし新聞折り込みの効果は、限定的だ。

 

年に何度か、折り込みチラシを入れるというのは必要かも知れないが、毎月チラシを入れるとなると、それ相応の反応がなければ話にならない。

 

毎月10万円使って、2人ずつでも入ってきてくれればペイするだろうが、その2人が入ってこないのが学習塾のチラシというものだ。

 

1万枚チラシをまいても、ターゲット家庭がどのくらいあるだろう。

 

成績のいい生徒の親はそんなモノを見ないだろうし、せいぜい100枚くらいが手にとってもらえるのみ。

 

そしてその100枚のウチで、実際に電話で問い合わせまでしてもらえるのは2〜3人もいたらいい方だ。

 

そこから授業体験を経て入会までたどり着くひとが1人でもいれば、まだ救いはあるのだけれど、、、

スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

中学受験 家庭学習 人気教材

★中学受験★塾の宿題が多すぎて困惑。復習テストで高得点を取るための「復テ対策講座」

★中学受験★子供のやる気を引き出せ!子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

★中学受験★中学受験を成功に導くお母さんのためのワークブック

★幼児教育★ご自宅で知育教育!2、3歳のママ限定つみきカレッジ・知育教育完全マニュアル

★★

このエントリーをはてなブックマークに追加