Fabp7 脳細胞は死ぬまで新しく作られる

Fabp7 脳細胞は死ぬまで新しく作られる

★生徒たった3人の塾が大繁盛!その秘密とは?学習塾開業基本マニュアル

★生徒の成績、どうやって上げる?個別指導ノウハウ期末テストで90点を取る勉強法

脳は死ぬまで発達する

脳の神経細胞の数は、生まれた前後から急激に増える。

 

どんどん新しい神経が作られ、膨大な数の神経が作られる。

 

これを神経新生とかニューロン新生と呼ぶ。

 

しかしその後は間引き現象が起こり、ニューロンの3割程度だけが生き残る。

 

そのため、脳の神経細胞は死滅する一方で、増えないものだと考えられてきた。

 

ところがアルツハイマー病などの研究が進み、脳の中心部で記憶を司る「海馬」(かいば)やその外側にある「側脳室」という部分では、歳をとってもニューロンやグリア細胞が、どんどん作られていることが分かった。

 

神経細胞が壊れる一方に見えていたのは、新しくできる数より壊れる数が多いだけで、脳の神経新生は日常的に起こっていたのだ。

 

この神経新生を活発にする鍵が、DHAとアラキドン酸なのだという。

 

神経新生は、脳の神経幹細胞という、神経の元になる幹細胞が細胞分裂して分化することで起こる。

 

ここで「脂肪酸結合タンパク質7型」(通称:Fabp7)というタンパク質が関わっていて、DHAやアラキドン酸がFabp7と結合することで、幹細胞がニューロンやグリア細胞に分化する。

 

そのため妊産婦がDHAやアラキドン酸不足だと、脳の発達が遅れてしまうわけだが、生後にDHAやアラキドン酸不足を解消すると、脳はどんどん細胞分裂を起こして成長が進む。

 

WHO(世界保健機構)が、粉ミルクにDHAとアラキドン酸の添加を勧めているのは、生まれてからも脳の発達に必要だからだろう。

 



スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

中学受験 家庭学習 人気教材

★中学受験★塾の宿題が多すぎて困惑。復習テストで高得点を取るための「復テ対策講座」

★中学受験★子供のやる気を引き出せ!子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

★中学受験★中学受験を成功に導くお母さんのためのワークブック

★幼児教育★ご自宅で知育教育!2、3歳のママ限定つみきカレッジ・知育教育完全マニュアル

★★

このエントリーをはてなブックマークに追加