学習塾の運転資金は?

学習塾の運転資金は?

★生徒たった3人の塾が大繁盛!その秘密とは?学習塾開業基本マニュアル

★生徒の成績、どうやって上げる?個別指導ノウハウ期末テストで90点を取る勉強法

学習塾の運転資金はどれくらい必要?

さて、フランチャイズチェーンの開業プランを色々比較してきたわけだが、結局塾を開くには、最低でも500万円くらいはかかると言うことだね。

 

それに加えて、少なくとも半年分くらいの運転費用は用意しておかないといけない。

 

月々の運転費用というのは、教室の広さなどにも左右されるし、パソコンなどを何台くらい使っているかでもかなり違う。

 

コピー機なども生徒数によって、稼働状況は変わるから、一概にどのくらいということは言えない。

 

なのでざっと丼勘定で考えてみる。

 

月30万円の物件を借りて塾を開く場合、月々にかかるコストは、光熱費や空調の費用と、あとは講師などの人件費という事になる。

 

教材費などは生徒から実費で集めればいいので、問題は賃貸料・光熱費(電気代)・人件費の3っつってことになる。

 

ガスを使う必要はないので、電気代と水道代だけ。

 

トイレが教室内に無ければ、水道代もいらないかも知れない。

 



売り上げは、家賃の3倍以上必要

月30万円の物件を借りて塾を始めるには、そのほかに様々な費用が乗っかるので、35万円くらいは必要だろう。

 

講師を一人雇うとなると、最低でも20万円以上は人件費がかかる。

 

難関大学が近くにあれば、アルバイト講師でもいいが、それでも似たり寄ったりだろう。

 

ちゃんとした人なら、25万円以下ではまず雇えない。

 

個別指導塾でも、1対1の個別でなく、大部屋個別なら、講師は2〜3人ですむ。

 

大部屋個別というのは、1対1の個別のように、生徒一人に講師が一人つくのではなく、一つの教室に全学年の生徒入れて、講師が同時に何人もの勉強を指導するというやり方だ。

 

小さな個人塾では、やってくる生徒の学年を揃えられないので、こういう指導の方法が普通だ。

 

しかしそれでも2人雇うとなると、月80万円以上は売り上げがないとやっていけないことになる。

 

経営者が自分で教えるにしても、もう一人は講師が欲しいところ。

 

となると、どう少なく見積もっても、月に60万円くらいはかかることになる。

 

半年分で360万円って事になるね。

 


スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

中学受験 家庭学習 人気教材

★中学受験★塾の宿題が多すぎて困惑。復習テストで高得点を取るための「復テ対策講座」

★中学受験★子供のやる気を引き出せ!子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

★中学受験★中学受験を成功に導くお母さんのためのワークブック

★幼児教育★ご自宅で知育教育!2、3歳のママ限定つみきカレッジ・知育教育完全マニュアル

★★

このエントリーをはてなブックマークに追加