物質依存と行為依存・関係依存

物質依存と行為依存・関係依存

儲かる学習塾の作り方!どうやったら生徒は集まるのか?

★生徒たった3人の塾が大繁盛!その秘密とは?学習塾開業基本マニュアル

★生徒の成績、どうやって上げる?個別指導ノウハウ期末テストで90点を取る勉強法

タバコとアルコール、どちらが依存症になりやすい?

依存症の話の続き。

 

物質依存や薬物依存は、比較的分かりやすい。

 

実際にモノを飲み食いしたり、薬などを使ったりすることで、身体に直接働きかけるわけだから、物理的・化学的に説明が付く。

 

依存物質を止めたり減らしたりしたときに、禁断症状や離脱症状が出るのも、物質依存であれば、理解出来る。

 

実際、物質依存の場合は、依存症になる確率も、禁断症状や離脱症状の出方も、物質によって様々だから、物質が直接身体を冒していることが分かる。

 

たとえば一番依存症になりやすいのは、タバコのニコチンだという。

 

ニコチンは快感回路を刺激するのだが、毒なので肝臓で無毒化が進む。

 

それによって血中のニコチン濃度は、わずか30分くらいで半分になる。

 

つまり30分たつとまたイライラし始めて、次を吸いたくなるかららしい。

 

そこで1時間後に、また一本吸う。

 

さらに1時間後に、また一本吸う。

 

こうしてどんどんタバコを吸い始める。

 

依存症というのは一種の「学習」だから、繰り返す間隔が短ければ短いほど、習慣になって依存症になるわけだ。

 

一方、依存症になりにくいのが、アルコールだという。

 

アルコールの代謝は数時間かかるので、酔っ払っている時間が長い。

 

なのでアルコール依存症になるのは、日常的に悩みや痛みを抱えていて、それを紛らわせるために酒を飲む場合だ。

 

飲まずにはおれないという状況が、何日も何週間も続かないと、なかなか依存症にはならないのだ。

 



行為依存・関係依存とは

タバコやアルコールなどと言った、物質による依存症は分かりやすい。

 

物質が関わっているため、物質ごとに特徴があって、依存症への陥りやすさや、禁断症状・離脱症状の出方が、ハッキリしていて分かりやすい。

 

依存症には、3つのタイプがあって、

  • 物質依存・薬物依存
  • 行為依存
  • 関係依存
というものなのだが、他の2つの依存症は、物質が関わらないものだから、何がどうなっているのかわかりにくい。

 

たとえば、行為依存というのは、「やること」にハマって抜け出せなくなると言うタイプの依存症のことだ。

 

行為依存というのは、何かをやることで、日頃の憂さが晴らせるというので、ハマるパターンの依存症だ。

 

そのため、何にどうハマるのか、なぜそこから抜け出せなくなるのか、非常にわかりにくい面がある。

 

行為依存の色々
  • 摂食障害(過食症)
  • 買い物依存症
  • ギャンブル依存症(パチンコ・パチスロなど)
  • 借金依存症
  • パソコン依存症、インターネット依存症、携帯電話依存症
  • ゲーム依存症
  • テレビ依存症
  • 仕事依存症
  • 性依存症(セックス依存症、セックス中毒)
関係依存になると、さらにわかりにくい。

 

関係依存(対人依存症・共依存)の例
※行為依存に分類する場合もある
  • 恋愛依存症
  • 家庭内暴力
  • 児童虐待
  • 宗教依存症(新興宗教・カルト依存症)

スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

中学受験 家庭学習 人気教材

★中学受験★塾の宿題が多すぎて困惑。復習テストで高得点を取るための「復テ対策講座」

★中学受験★子供のやる気を引き出せ!子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

★中学受験★中学受験を成功に導くお母さんのためのワークブック

★幼児教育★ご自宅で知育教育!2、3歳のママ限定つみきカレッジ・知育教育完全マニュアル

★★

このエントリーをはてなブックマークに追加