中学受験の生徒さんは、なぜ大事?

中学受験の生徒さんは、なぜ大事?

★生徒たった3人の塾が大繁盛!その秘密とは?学習塾開業基本マニュアル

★生徒の成績、どうやって上げる?個別指導ノウハウ期末テストで90点を取る勉強法

中学受験の生徒さんは、なぜ大事?

中学受験指導とは、私立中学へ進学したい生徒を、志望校に合格させるための指導だ。

 

首都圏では、6年生の「8人に1人」程度が私立中学に進学するそうで、40人クラスなら、5人以上は中学受験するということになるらしい。

 

ただ、これは平均の話であって、東京や神奈川でも、教育に熱心な地域と、教育に無関心な地域がある。

 

というのも中学といえども、私立となると年間で最低120万円くらいの費用がかかる。

 

由緒ある名門校であれば、年間200万円もかかる場合もある。

 

しかも子供は一人とは限らないから、かなり裕福でないと私立には通わせられない。

 

子供が医者を目指しているのであれば、さらに医歯薬進学塾に通わせたりする場合もあるので、教育費はさらに増えるしね。

 

それだけの教育費をかけられる高所得者というのは、そんなにたくさんいないはずだ。

 

8人に1人が私立中学進学というのは、だからちょっと多すぎる感じだ。

 

しかし実は、私立中学に子供をやる家庭とは、祖父母が資産持ちだったり、自営で商売をしていたり、アパート経営などの資産所得があるといった「小金持ち」の家庭だ。

 

小金持ちの家庭の子供が私立中学受験をするなら、8人に1人くらいは居るかな?という感じがする。

 

さて一方、学習塾にとっては、中学受験コースの生徒さんは、非常に有り難い生徒さんになる。

 

というのも子供一人あたり、年間100万円以上の授業料を払えるご家庭だから、ちゃんとした中学受験の指導ができれば、塾にもそれなりの報酬を頂けるからだ。

 

一般の小学生だと、週2回(月10回)・90分授業で、1万5,000円前後の授業料だが、中学受験生だと、授業時間も通塾回数もそれなりに増えて、その2〜3倍の授業料を頂ける。

 

つまり中受生1人 = 一般小学生3人分  ってことだね。

 

ただし中学受験生は、個人塾にとって「諸刃の剣」で、上手く指導できなければ塾の評判が大きく落ちかねない。


スポンサードリンク

中学受験生の指導は、経験と知識、スキルが必要

個人経営の学習塾で有り難いのが中学受験生だ。

 

子供を私立中学に通わせようというご家庭は、比較的裕福な家庭が多くて、教育にも熱心であるため、一般の塾生よりもたくさんの報酬を支払ってくれる。

 

一般の小学生の生徒が週2回で3〜4時間くらい通ってこられるのに対し、中学受験生の場合は週3回以上、10時間前後は塾で過ごしてくれる。

 

つまり一般の小学生の3倍くらいの授業料を、塾に払ってくれるわけだ。

 

なので中学受験生が4人居るだけで、一般の塾生10人分くらいの売り上げになってしまう。

 

これはホントに有り難い話だ。

 

ところが中学受験の指導ほど、難しいモノは無い。

 

というのも頭が良い子供だけが、中学受験をするわけじゃないからね。

 

特に一般の個人塾や小規模チェーン塾に、中学受験の指導を仰ぐ生徒というのは、それぞれ色んな事情を抱えている場合が多い。

 

何も問題が無ければ、中学受験の専門塾の方が、得体の知れない個人経営の塾よりは、良い指導をしてもらえそうだしね。

 

つまり一般の塾に中学受験指導を頼んでくる場合は、何らかの問題を抱えていて、たいていは勉強がうまくできない子供であることが多い。

 

そういう意味では、中学受験生が厄介な生徒になる可能性がある

 

問題を抱えた中受生の扱いを失敗すると、悪いクチコミやバズが発生して、その後の塾の経営にも悪影響が出かねないのだ。、


スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

中学受験 家庭学習 人気教材 2016/10

★中学受験★塾の宿題が多すぎて困惑。復習テストで高得点を取るための「復テ対策講座」

★中学受験★子供のやる気を引き出せ!子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

★中学受験★中学受験を成功に導くお母さんのためのワークブック

★幼児教育★ご自宅で知育教育!2、3歳のママ限定つみきカレッジ・知育教育完全マニュアル

★★

このエントリーをはてなブックマークに追加