学習塾 新聞折り込みのハードル

学習塾 新聞折り込みのハードル

★生徒たった3人の塾が大繁盛!その秘密とは?学習塾開業基本マニュアル

★生徒の成績、どうやって上げる?個別指導ノウハウ期末テストで90点を取る勉強法

続・学習塾のチラシが無くならないわけ

学習塾の集客は、難しい。

 

理由は、一回チラシをまけば、すぐに売り上げが上がるというわけじゃないからだ。

 

集客は、集客コストより売り上げが上回るなら、やるべし!、、、というのが集客のプロの言い分だ。

 

飲食店が盛んにクーポン券をまくのも、餃子の王将が餃子のタダ券をバンバンまくのも、それがプラスになるからやっていることなのだ。

 

変な話、10万円のコストを使って集客して、10万1円の売り上げが上がれば、それでOKという世界だ。

 

大事なのは客数で、客数さえ増やせれば、お客が新しいお客を連れてきてくれる。

 

飲食店の場合は、友達連れ、家族連れ、というふうに、複数で利用する機会が多いから、とにかくまず客数を増やすことにこだわるわけである。

 

学習塾というのも似たような部分があって、友達が友達を連れてくる。

 

特に女の子の場合は、友達同士でやってくるし、やめるときも友達同士でやめていってしまう。

 

だから10万円単位でチラシをまいても、生徒が一人入ってきてくれれば十分にペイする。

 

生徒が一人入ったからといって、塾側が払うコストなんて、ほとんど増えないわけであるし、半年も通塾してくれれば、十分プラスになるわけだ。

 


学習塾・折り込みチラシのハードルの高さ。

ところが学習塾というのは、致命的な問題がある。

 

それは何年かすると塾を卒業して言ってしまうと言うことだ。

 

飲食店なら、年を取ったからと言ってやめていくことはない。

 

来なくなるのは、味がどうとか、接客がどうとか、あるいは単に引っ越しただけとか。

 

そういう事が原因だから、どっとお客が減るときには、たいてい店側に大きな理由がある。

 

しかしながら、学習塾というのは、毎年春になると、ドサッとお客さんが減ってしまう。

 

高校に進学すると、生徒は遠い学校まで通う。

 

クラブ活動をやってたりすると、自宅近くに戻ってくるともう9時前。

 

そんな状態で、通学沿線にある予備校と競合するわけだから、勝ち目なんてないと考えた方がいい。

 

学習塾のチラシは、だからはずせない。

 

必ず何人か集客出来ないと、丸損になってしまうのだ。

 

スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

中学受験 家庭学習 人気教材

★中学受験★塾の宿題が多すぎて困惑。復習テストで高得点を取るための「復テ対策講座」

★中学受験★子供のやる気を引き出せ!子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

★中学受験★中学受験を成功に導くお母さんのためのワークブック

★幼児教育★ご自宅で知育教育!2、3歳のママ限定つみきカレッジ・知育教育完全マニュアル

★★

このエントリーをはてなブックマークに追加