子供の依存症は勉強の妨げになる

子供の依存症は勉強の妨げになる

儲かる学習塾の作り方!どうやったら生徒は集まるのか?

★生徒たった3人の塾が大繁盛!その秘密とは?学習塾開業基本マニュアル

★生徒の成績、どうやって上げる?個別指導ノウハウ期末テストで90点を取る勉強法

子供の依存症

生徒に勉強を教えているときに、問題になるのが「依存症」だ。

 

依存症とは、何かにハマって、止められなくなるという病気で、依存症になると、他のことができなくなってしまう。

 

大人であれば、タバコやアルコール、ギャンブルや恋愛などにハマり、抜け出せなくて苦しむ人が多い。

 

「いつでもやめられる」と思っていたら、実はもう既に止められなくなっていて、それで何年も苦しむ羽目になる。

 

依存症は、知識が無いと、自覚症状がないまま、どんどん進行してしまうので、気がつくと「やめられなくなっている」のだ。

 

そのため、依存症の知識が無い子供は、親や周囲の大人が気づかないと、どんどん深みにはまって言ってしまう。

 

では、子供はどんな依存症になるのか。

 

問題になりそうなのが二つある。

 

一つは「糖質依存症」、もう一つは「ゲーム依存症」だ。

 

糖質依存症とは、甘いモノが止められない依存症で、甘い食べ物や飲み物が手放せない。

 

ゲーム依存症とは、ゲームが止められない依存症で、何かあるとすぐにゲームを始めてしまう。

 

こういう子供は勉強が捗らない。

 


スポンサードリンク

依存症の4つの特徴とは

依存症とは、何かにハマっていて、それ無しには暮らせない病気だ。

 

何に依存するかは、人それぞれだが、依存体質になってしまうと、落ち着いて行動することができなくなる。

 

子供の場合は、甘いものだとか、ゲームなどで頭がいっぱいになる。

 

そのため、落ち着いて勉強出来ず、学力が上がらないという状態になる。

 

頭の中は甘いものやゲームのことばかりで、心ここにあらずという状態が続くので、モノは覚えられないし、注意力も無くなる。

 

こういう状態では、知識を詰め込んだり、できるようになるまで繰り返し練習すると言うことができなくなるのだ。

 

そのため、学習塾としては、生徒が依存症になってないかどうか、観察して注意する必要がある。

 

依存症になっているのであれば、どこまで介入出来るのか、親御さんに協力してもらえるのか、これが非常に重要なことになる。

 

できれば入塾時の諸注意として、甘いモノの食べ過ぎや、ゲームのやり過ぎを止めるように、書いておいた方が良いのかも知れない。

 

依存症の4つの特徴
  • 耐性:使用量や時間がどんどん増える
  • 離脱症状(禁断症状):止めたり減らしたりするといろんな症状が出る
  • 渇望:やりたくてやりたくてたまらない
  • 再発:しばらく遠ざかっていても、またやり始める

スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

中学受験 家庭学習 人気教材 2016/10

★中学受験★塾の宿題が多すぎて困惑。復習テストで高得点を取るための「復テ対策講座」

★中学受験★子供のやる気を引き出せ!子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

★中学受験★中学受験を成功に導くお母さんのためのワークブック

★幼児教育★ご自宅で知育教育!2、3歳のママ限定つみきカレッジ・知育教育完全マニュアル

★★

このエントリーをはてなブックマークに追加