DHAとアラキドン酸 脳には栄養が必要

DHAとアラキドン酸 脳には栄養が必要

★生徒たった3人の塾が大繁盛!その秘密とは?学習塾開業基本マニュアル

★生徒の成績、どうやって上げる?個別指導ノウハウ期末テストで90点を取る勉強法

脳の発達段階と栄養素

子供の脳は10歳くらいまでは、あまり抽象的な思考ができない

 

モノを比べることも難しいし、面積や体積と言った概念も、まだまだ理解できる能力が無い。

 

脳の神経細胞が十分に発達しておらず、速さや濃さと言った概念は、中々理解する事ができないのだ。

 

というのも脳は、3歳くらいまでは、神経細胞の数がどんどん増える。

 

これは何にでも対応できるように、とにかく数を準備しておくためらしい。

 

しかし3歳から7歳くらいまでの間に、脳の神経細胞の数が逆に減っていく。

 

これは「間引き現象」と呼ばれ、使われない神経細胞が自壊して、使われている神経細胞だけ残るらしいそして7歳から10歳までの間に、残った神経細胞が腕を伸ばし、別の神経細胞とどんどんつながっていく。

 

こういう風にたくさんの神経細胞と複雑に連結することによって、面積や体積、速さや濃さなどの抽象概念が理解できるようになるらしい。

 

、なので10歳未満の子供に、こういう抽象概念をいくら教え込んでも、頭に定着しないし身につかない。

 

これは「ロバスト性」(頑強性)と呼ばれる、子供の時期に特有の性質だから、教師や親がいくら頑張ってもムダだ。

 

成長期には優先すべき事があり、それが終わってからでないと、次のステップに進むことができないのだ。

 

これが脳の発達段階なのであるが、栄養不足によって脳の成長が遅れることもある。

 

その鍵となるのが「DHAとアラキドン酸」だ。

 

DHAはオメガ3系統の脂肪酸(油)で、アラキドン酸はオメガ6系というの脂肪酸。

 

どちらも「油」だね。

 


スポンサードリンク

アラキドン酸は、過剰なのか不足なのか?

脳は、タンパク質と脂肪でできている

 

そのため、脳が発達するには、タンパク質と脂肪が欠かせない。

 

特に重要なのがDHAとアラキドン酸だ。

 

脳の細胞には大きく分けて、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞という、2種類の細胞がある。

 

DHAはニューロンに必要な材料であるs、アラキドン酸はニューロンとグリア細胞の両方に必要な材料だ。

 

そのため、幼児期にDHAとアラキドン酸が不足すると、脳の発達が遅れることがよく知られている。

 

そのため、最近の幼児ミルクには、必ずDHAとアラキドン酸が添加されている。

 

またアンチエイジング対策用のサプリでも、DHAとアラキドン酸はよく使われている。

 

DHAは魚に多く含まれるEPAという油から体内で作られる。

 

アラキドン酸は肉や魚、卵に多く含まれる

 

もっと具体的に言うと、卵と、魚と、レバー、そしてワカメだ。

 

ただしアラキドン酸は人間の体内で、サラダ油に含まれるリノール酸を原料として3段階を経て合成できるため、不足ではなく過剰だと主張する人も多い。

 

アラキドン酸はオメガ6系統の油で、アトピー性皮膚炎などの炎症を強くする働きも持っているからだ。

 

そのため、揚げ物やサラダ油などで、リノール酸を摂りすぎていないかどうか、普段の食生活を省みる必要がある。

 

脳に必要だからと言って、アラキドン酸をサプリで摂るのは避けたい。

 

あくまでも卵やワカメ、魚やレバーから、アラキドン酸を摂りたいところだ。

 

ただし幼児や高齢者は、リノール酸からアラキドン酸を作る能力が低いので、不足している可能性もある。

 


スポンサードリンク

人気勉強法ランキング

★第1位★医師が教える科学的英語勉強法講義

★第2位★35日で奇跡の逆転合格高校受験勉強法3ステップラーニング

★第3位★医学部合格者が教える大学受験勉強法

★第4位★サクラサク高校受験 勉強法

★第5位★サクラサク中学受験 勉強法

★第6位★塾に通わなくても30日間でテストの成績が上がる勉強法

★第7位★97%が合格!高校受験・高校入試・勉強対策

中学受験 家庭学習 人気教材 2016/10

★中学受験★塾の宿題が多すぎて困惑。復習テストで高得点を取るための「復テ対策講座」

★中学受験★子供のやる気を引き出せ!子どもが自分から机に向かうようになる秘訣

★中学受験★中学受験を成功に導くお母さんのためのワークブック

★幼児教育★ご自宅で知育教育!2、3歳のママ限定つみきカレッジ・知育教育完全マニュアル

★★

このエントリーをはてなブックマークに追加